犬と肺がん早期発見の研究

犬ががん患者をニオイで判別するという記事を書きましたが、現在でもより正確な判別ができるように訓練方法が改良されているそうです。

呼気に含まれるどの成分が肺がん患者特有のものなのかが解明されていないため、人工的な装置でそれを解析することができないのが現状です。

しかし、この分野も研究が進められていて、将来的には間発されるかもしれません。

50メートルのプールに1滴の薬品を入れただけでもその成分を解析できる技術が確立されているので、気体でも正確に分析することは十分に可能です。

犬との共同作業で開発が進めば、簡単で低価格な診断方法が開発されるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする