犬と熱中症

ここ数年は異常な暑さが続く夏になっていて、ニュースでは毎日熱中症の注意を呼びかけています。

当然のことですが、犬も熱中症になります。

犬が熱中症になったときの症状は、

・グタッとする
・よだれがでている
・呼吸が早い

などがあります。

ここまでくると、さすがに動物病院に連れていかないと、命の危険があります。

その前の症状として、いつになく舌を出して呼吸が早くなっているようなら、熱中症の初期症状だと思って間違いありません。

もし、このような症状が出ているとしたら、早めの対処が必要になりますから、その方法を紹介していきます。

・風通しの良い日陰に連れていく。
・水で濡らしたタオルで、犬の背中部分を軽く濡らす。濡らしすぎると逆に蒸れてしまうので注意します。
・前足と後ろ足の付け根をタオルで冷やしてあげる。

ウチワなどであおいで風をおくれば、気化熱で体を冷やすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする