犬の服

犬の服は単なるファッションではなく、寒さ対策としても必要なものです。

犬の服には意味がある

暑い真夏は別にして、春や秋はお天気も不安定で気温の変化も激しい時期です。特に自分で体温調節するのが難しい小型犬は、犬用の服を着せてあげるほうが体調を崩す心配を減らすことができます。

室内での犬の服

室内であっても、暖房を切っている真夜中は室温は下がっています。おやすみ前に服を着せてあげましょう。犬用のパジャマといったところでしょうか。

犬は人よりも体温が高いので、少し暑いかなくらいがちょうど良い温度だと感じています。

室内着でも寝心地が良い素材を使ったトレーナーを選んであげましょう。

毎日の散歩もセンスよく

寒い季節は犬のファッションも、デザインと機能性を兼ね備えた服が欲しいですね。

寒さが厳しい季節には、フリースつなぎが欲しくなります。

ベースは暖かなフリース素材で、遊ぶの大好きなワンちゃんで着崩れしにくい工夫がされています。

犬のマナーとしての服

生理中の犬はカーペットが汚れたりオス犬が寄ってきたりと、飼い主としても心配が絶えません。

犬のマナーとして、生理中にはサニタリーパンツを着せてあげたいものです。

最近のサニタリーパンツは、デザインも豊富で機能性に優れているものがたくさんあります。

最低限のマナーとしても、検討してみてはいかがでしょうか。

allow犬も一緒にドレスアップしたいなら『ベストシンデレラ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする