シャンプー

小さい頃から水に慣れさせるためにも、上手なシャンプーを覚えましょう。

シャンプーはいつから始めるの?

子犬のシャンプーは、1回目のワクチン注射が終わった1~2週間後から始めます。

■ シャンプーの頻度は?

月1回程度で大丈夫です。あまり頻繁にシャンプーすると、皮膚の油分が無くなることで皮膚病になることもあるようです。また毛艶も悪くなってしまいます。

■ お湯の温度は?

犬の体温と同じ38度くらいが適温です。あなたが触ってみて、ちょっとぬるいかな?くらいが犬には適温です。体中が毛に覆われているので皮膚が敏感なんですね。人も髪を洗う時は、ちょっとぬるめの温度でシャンプーしますよね。

■ シャンプーのポイント

シャンプーは2回に分けて洗います。

最初にお湯を体全体によく馴染ませておき、手に取ったシャンプー液をお湯少し薄めてから、体全体に馴染ませるようにします。毛に逆らわないように頭から尻尾に向けて軽くなでるような感じです。

2回目には なるべく皮膚まで洗剤が行き渡るように丁寧に洗います。足や尻尾も丁寧に洗ってください。

洗い終わったら十分にお湯をかけて、シャンプー液が残らないように注意してください。シャンプー液が残っていると、後でかゆがったりします。

シャンプーが終わったらプルプルさせて水を切ります。犬にもよりますが、耳のあたりを触ったり軽く息を吹きかけると、プルプルしてくれると思います。

■ シャンプー選びのポイント

子犬の肌は敏感でデリケートですから、シャンプー選びもゾイック・パピードールのような肌に優しいものを選んであげてください。

ゾイックはペット・サロンなどでも利用されているブランドですから、安全性・信頼性の高いシャンプーだと思います。

■ タオルで拭く

乾かすときはバスタオルなどではゴシゴシとやらずに、軽く水分を取るくらいにとどめておきます。

普通のタオルではどうしても吸水性が悪いのですが、超吸水ドッグタオルなら驚くほど水を吸い取ってくれます。

超吸水タオルは家庭用品としては以前からありましたが、やっとペットに使えるタオルができました。お値段もお手ごろなので、これはオススメです。

■ ドライヤーで乾かす

ドライヤーを近付けすぎたり1箇所に当て続けると熱がりますから、20~30cmくらい離してブラシを使って乾かしてください。

■ シャンプーの時に動き回るなら

シャンプー嫌いの犬はとにかく落ち着かなくて動き回わってシャンプーが十分にできません。

そんな悩みを持っている人は、ペピィで扱っているペット用バスタブを試してみてはいかがでしょうか。体の回りがバスタブで囲まれているので、首の部分を軽く固定すると落ち着いてシャンプーできるようになります。

ミニチュアダックスフンド程度の大きさであれば、もう少し便利なパピィバスも用意されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする