サプリメントの歴史

サプリメントはアメリカで開発が始まり、普段の食生活に不足しがちな栄養を補助食品として補おうという考えの元に普及しました。

野菜など作物の連作による土壌の変化や新しい品種の開発によって、作物が本来持っているはずの栄養素も変わりつつあります。

20世紀後半にはアメリカの医師や科学者の協力によって栄養成分を綿密に調査し、栄養不足をビタミン劑や健康食品、栄養補助食品から接種しようという動きが活発になりました。

アメリカではサプリメントに関する法律が日本とは違うため、効果を明示して販売することが許されていますが、日本ではこれは許されていません。

そのため、テレビCMなどを観ていても、「あくまでも個人の感想です」とか「効果を保証するものではありません」などと小さく(笑)書かれてたりするんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする