犬と抱っこ

大型犬は別として、小型犬や中型犬を抱っこするのはいいことなんでしょうか。

犬の本能として、抱っこは不安と緊張を感じるものなので、ありがたくないことです。

完全に自由を奪われてしまうことになりますからね。

抱っこしようとすると逃げ回ったり唸ったりするのは、当たり前の行為です。

ところが私たちが生活する環境では、危険を回避したり病院の診察台に乗せたりと抱っこをする場面が必ずでてきますから、犬が嫌がっても強制的に抱っこしなければいけません。

犬が抱っこを嫌がる原因としては、
1.落とされて痛い思いをした
2.嫌いなシャンプーをされる

などもあるでしょう。

でも抱っこは必要な「しつけ」でもあるので、1日1回は抱っこしてあげて慣れさせることが大切です。

普段からスキンシップをとることで病気を早期発見できたり、ノミ・ダミなどを見つけることもできますしね。

最近では小型犬の飼い主さんが可愛がりすぎた結果、抱っこは「安心できるもの」と感じるようになり、飼い主におねだりする犬もでてきたようです。

これは逆に問題行為になりますから、時間を決めてしつける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする