散歩でリードを引っ張る

散歩中に犬がリードを引っ張っていると、思わぬ事故にもつながります。あなたの横か後ろを歩かせるようにしましょう。

散歩でリードを引っ張らせない方法

散歩は外の刺激がたくさん。犬も興奮してリードをグイグイ引っ張ります。

家の中でしつけをしても、散歩のときに自由に行動させると、外では自分がリーダーだと勘違いしてしまいます。周りで見ていても、どっちが散歩させられているのか、みっともないものですし、交叉点で出会い頭に自動車とぶつかって、犬が死んでしまったケースもあります。

散歩中も、あなたが犬のリーダーです。

散歩中は犬の目を見ないでください。リーダーの目を見てご機嫌伺いするのは犬のほうです。犬の位置は、あなたの左側です。

  • 散歩中はリードを短く持ちます。
  • 犬が行こうとする反対の方向に引っ張り、犬を誘導します。
  • 時々立ち止まってみて、犬がそのまま歩こうとすれば、リードを引っ張って止めます。

この方法は非常に効果があり、2~3分で強引に引っ張るのをやめるはずです。あとは、犬があなたを見ながら歩くようになるまで、我慢強く繰り返すだけです。

早く歩いたり、遅く歩いたりして、犬があなたに注意を払っているか確認してください。

始めのうちは、行ったり来りで前に進めないかもしれません。人に見られると、犬をいじめているみたいで、ちょっと気がひけるかもしれませんが、がんばって続けてください。

犬に引っ張らせない別の方法

犬が強引にリードを引っ張った瞬間に、「痛ぁ~い」と大きな声をあげてその場に転びます。犬は心配して覗き込んできますが、しばらく顔を隠して無視してください。

これも人に見られると恥ずかしいですけど、犬に散歩させられてるほうが、もっと恥ずかしいですから。犬の意外な一面に触れることができるかも知れませんよ。

大型犬のしつけでは、犬が胸を圧迫されるのを嫌う習性を利用します。胴にヒモを1周させて、犬がリードを引っ張った時にヒモを引っ張るのも効果があるそうです。人が力負けしてしまうケースでは有効なようです。

自宅でできる犬のしつけ

DVDやテキストを使って、自宅でも犬のしつけができます。

しつけ教室にかかる費用の約1か月分と、繰り返し観られることを考えると価格が抑えられています。

それぞれトイレのしつけや無駄吠えなど、問題行動別のトレーニングも含まれていますから、比べてみてください。

  • fujii
  • endo
  • morita

たった数分で犬が変わる。詳しい訓練方法はコチラで紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする